BLOG

大切だと思います。

2017.02.01 佐藤 大介

創右衛門一級建築士事務所の佐藤大介です。

 

house-AKでは外壁の仕上げ材である

ガルバリウム鋼板製小波板の施工が進んでます。
 
ガルバリウム鋼板製小波板….
通常住宅の外壁には使わないこの材料!
 
細い縦ラインの素敵な表情の鋼板製材料ですが、
この材料の良い所は、仕上がりの表情は勿論!
1Fの壁と2階の壁の間に
繋ぎ目を作らずに施工が出来るのことです。
繋ぎ目が無いので、外観に余計なラインができず、
よりスッキリとした仕上りになります。
また、繋ぎ目が無いので防水にも効果有ですね。
 
また、出隅の角も折り曲げて加工することで
出隅用の部材を使わずに仕上げられるので、
これまた余計なラインが出来ずに
スッキリ仕上がります。
 
っと!素敵な材料ですが、
上記のどちらの納まりも通常の職人さんにはできません!
 
とても大変な一手間と高度な加工技術がなけれ
ばできない納まりなんです。
 
どのような技術と一手間かと申しますと
1階から2階まで継ぎ目が無いということは…
とても長い材料を張らなくてはいけなく、
そのとても長い材料の出隅は精度よく
直角に曲げなくてはならない!
 
窓がある部分は精度よく切り抜かなくていけなく…
その窓部を切り抜いた長くベコベコの材料を
曲がらないように縦に持ち上げ…
…などなど
 
どう〜ですか〜
最高の職人さんにしか出来ない仕事だとおもいませんか?
 
この一手間!大切なんです!
こんなことをしてくれる職人さん!大切なんです!
最高なんです!
 
板金屋さんのK氏!感謝感謝です!
 
 
IMG_0260
〈直角に曲げ加工した出隅部〉
綺麗です!カッコいいです!
出隅用部材も売っているんですけど、
そのような部材を使わずに一手間加える!
この一手間が一味違った佇まいには大切なんですよね〜
解りずらい部分なんですけどね…
 
IMG_0275
〈加工前の小波板〉
いい色です!
材料だけみるとなんで無いですよね。
このなんでも無い材料に一手間掛けると素敵になる!
そういうものなんですね〜!
 
仕上がり楽しみです。
 
 
続きまして内部空間
IMG_0256
〈階段〉
階段が出来ました。
本日は手すりの高さ等を再確認の打合せをして参りました。
 
 
徐々に完成に近づくhouse-AK!
完成が楽しみです(^^)

 

栃木県宇都宮市の設計事務所
創右衛門一級建築士事務所
http://souemon.net

栃木・埼玉の設計事務所
ハピケン
http://hapi-ken.com