木をまもる屋根

未分類, 村上 治彦・有紀|2018/08/02 posted.

先月、大宰府天満宮に行く機会がありました。

本殿は桧皮葺屋根の落ち着いた佇まい。

 

2889220F-6D8B-4FE6-956E-D46D96610A6F

 

流れるようなかたちと、苔むした檜皮の屋根が背景に映えていました。

境内には大きな樹(クスノキとのこと)が沢山茂っていましたが、

大宰府天満宮全体が天神の森として、随所に木を守る建築的工夫がされていました。

 

A65DA2F8-AB01-4A34-B05E-3A3385630B51 155B5594-C797-41A9-B3D4-D0C005568338

 

よくぞここまで!!とピッタリにデッキ材が敷かれている根元。

根をしっかり守ってくれているんですね。

 

E3782DC6-26AC-4214-B17F-896FAC386372

 

そして、これは建物を建てる時からの工夫。

幹を通すための穴を開けて屋根をつくったのですね。

 

 

D5105288-DC79-4787-9B2B-422F2AE2FEC3

 

こちらは、楼門の屋根の軒裏。

古建築をみるといつも口を開けてみてしまうのですが、

一見装飾のような「組物」といわれ部材。

複雑な形状だけど、上手に力の流れを伝える役割があり面白いです。

深い軒を支えるための日本建築の美しさですね。

 

日本の建築は屋根が特徴。

屋根の連なる風景美があちこちにあります。

いまの町並みでも屋根がカッコよい住まいはカッコイイ。

でも、むずかしい。

だからやっぱり実際に見たり、スケッチしたりの勉強ですね。

 

 

ちなみに、密集地だと、敷地の制約から軒を出せないこともしばしば。

「中途半端に出すよりも、軒なし」という選択も多いです。

 

 

00BE1761-09EE-4418-8F63-89A651075A45

おまけに太宰府の狛犬。

目がくりくりでかわいい(´∀`)

 

村上建築設計室 http://www.murakami-design.com/

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン http://hapi-ken.com/