街並みのルール

未分類, 村上 治彦・有紀|2018/07/21 posted.

こんにちは、村上建築設計室です。

先日までの「ハピケン展」では、7人でそれぞれの住宅を提案、

街並みを見る形で展示したのですが…

個性が連なった街並みに、私たちも笑ってしまいました^^;

連続して見せるならば、やはり街並みとしてのあり方も提案しないとですね。

 

594EEF44-0934-4901-97DD-8271C8608313

 

美しさはもちろん、居心地のよい街並みをつくるには、

個々の住宅の「街への関心」や住宅を個人のものだけではなく、

街に住む人共有のものであることに心を留めねばなりません。

 

 

実は、そんな「街づくりのルール」を条例としているまちがあります。

神奈川県の真鶴町。

「美の基準」として、町内に建てられる建築物にデザインコードを定めているのです。

 

 

 IMG_7486

 

IMG_7487

 

このもとになったのは、以前もご紹介した「パタン・ランゲージ」という考え方。

建築の専門家だけでなく、一般の方がみてもわかりやすく事例とともに提示してあります。

 

この基準の結果、真鶴町は大手資本の観光開発が入らず、

昔ながらの海と山のある、居心地のよい街並みが残されています。

 

写真の「美の基準」の冊子の初版が1992年。

およそ25年が経っていますが、

近年になって、その価値が再度見直されて、

町に移住したり、地域のために面白いことを企画する人が増えているとのこと。

 

家づくりは街づくり。

その自身の佇まいこそ、意識をむけないといけないなぁと思ったのでした。

 

次の企画では、「ハピケン基準」というものを考えてみるのも面白いかもしれません。

結構、ワクワクしています。

 

 

村上建築設計室 murakami-design.com

ハピケン http://hapi-ken.com/