使い続けることで価値が増す

村上 治彦・有紀|2018/06/01 posted.

村上建築設計室です。

あるリノベーション物件(店舗)のエントランスに使われていたアンティークレンガ。

刻印もあり、古美たふぞろいな表情がとてもよい雰囲気となっていました。

 

IMG_6918

 

「新築か?リフォームか?」

近年は、家づくりを考えるときに、まずはリフォームの可能性を

考える方が増えておられます。イベントでも冒頭の質問をよく相談されます。

 

また、よく言われる日本の住宅観。

引き渡し時が建物の資産価値がマックス、あとは目減りしていく一方。

という政策的事情もあり、「新築がよい」という考え方が強くありました。

(実際には、地震が多いという実情によるところも大きいのですが)

 

対して、よく比較されるのが「使い続けることで価値が増す」

というヨーロッパの住文化とのちがいです。 

 

さて、冒頭のアンティークレンガですが、

最近はとても需要が増えているそうです。

ネットで見ると、お値段は新品の2.5倍。

(新品が100円程度。アンティークが270円ほど)

 

使い続けることで価値が増す。

メンテナンスすることで価値が増す。

 

工法や材料などにおいて、住む人も、設計者も、工務店も、

そんな視点で選択をしていくことが、大切だな。

先日、工務店の女性の方とお話した時に、

そんな話で盛り上がったのでした。

 

そして、私たちもご提案しますが、

その最終選択は住む人にあり、また住みこなしていくのも住まい手のご本人です。

作り手も住まい手も、一緒に勉強していく。

そんなパートナーでもありたいと思っています。

 

村上建築設計室

http://www.murakami-design.com/

 

ハピケン http://hapi-ken.com/

「住む力」向上のため、ハピケンでは随時ハピケン塾を開催中!

村上建築設計室は毎月第2土曜日です。