心地よい場所をつくる。パタン・ランゲージという手法

村上 治彦・有紀|2018/05/21 posted.

こんにちは、村上建築設計室です。

先日、埼玉にある「盈進学園東野高校」http://eishin.ac/about/history/

を見学する機会に恵まれました。

 

   IMG_7757mini

(こんなキャンパスでの高校生活・・・うらやましいなぁ!)

 

 

こちらの高校、アメリカ人建築家アレグザンダーによる設計ですが、

「パタン・ランゲージ」という理論をもとにされています。

 

パタン・ランゲージとは、人が「心地よい」と感じる環境を分析して、

253のパターンにまとめたもので、街から住まいまでの

楽しそうな空間が挙げられています。

 

ちょっと古くて、文字が多くて、モノクロで、一見地味な本なのですが、

読んでいると、「楽しい暮らし」のイメージがわいくる好きな本です。

そして、とても参考にしています。

 

特に、室内と屋内の関係性、住まいと庭、街との関係性などは、

本当にワクワクしてくるものです。

 

 

IMG_7686mini

 

たとえば、職員室棟と、教室群(分棟形式なのです!)のあいだは、

このような街路と、列柱が並ぶアーケードによってむすばれています。

その時々に、ふくらみがあったり、ベンチがあって「人だまり」ができる工夫。

そもそも、配置計画では建物をゆるやかにふって、

通りからは、建物が微妙な角度で変化するようになっていて、

落ち着いた路地空間となっているのでした。

 

IMG_7715mini

 

 

いずれもこれらは、253のパターンのなかにもでてくる要素です。

 

 

IMG_7698mini

 

↑は、「みえがくれの庭」というパターンがよくわかる場所。

通路から入る中庭は、2つの教室(1階と2階にそれぞれ1教室)につながっています。

「段階的な屋外空間」で、生徒はそれぞれ自分の教室の前庭として、

少しプライバシーが守られた中庭として使っているようです。

 

写真は、生徒のいない時間だけ撮らせていただきましたが、

休み時間の生き生きとした様子も見ることができました!

 

こんな素晴らしい学校ができた所以は、やはり学校の先生たちの理念あってこそ。

生徒にとって必要な空間とは、個性をいかす教育にふさわしい学び舎とは、

という議論を重ねに重ねて、つくられたとのことです。

 

 

IMG_7670min

 

この門からつづくアプローチの角度も、塀の高さも、

実証検証をおこなって、決めていったのだとか。

「施工業者さん泣かせだった」とは、先生の言葉(笑)。

でも、そのくらい熱心な教育哲学があることが、建物の説明からもよくわかりました。

 

ちなみに、上記の塀は「見えない駐車場」というパタンを実現させています。

美しく続くアプローチは、生徒が「学び」のモードにスイッチオンするための、

大切な仕掛け。

 

別の世界へ入っていくようなアプローチ…

見学に訪れた私たちも、そのスイッチはよくわかるのでした。

ちなみに、写真はアプローチの振り返り。生徒が帰るときに見る景色です。

門から校舎へ向かう写真は、人が映りこんでいるので、控えます^^。

 

これらのパターン。

これ以外も、住宅にも落しこめるものがたくさん。

おおいに取り入れさせていただいています^^!

 

村上建築設計室 /http://www.murakami-design.com/

ハピケン http://hapi-ken.com/