地業工事

山形 誠|2018/05/08 posted.

山形建築研究所、山形です。
好天に恵まれたゴールデンウィーク・・・どこへ行っても人があふれていて、人が多い場所、混雑や行列が嫌な私。

でも、せっかくの休日なのだから、身も心もリフレッシュ!ということで・・・近場の行楽地<高原山>へ

R0026438

『あまり人がいないところへ』と静かに過ごせる場所を探して、昨年<尚仁沢湧水群>へ行ったことを思い出して。

高原山と云っても山を登る訳じゃなくて、高原山の麓(場所はもちろん内緒です)
愛犬チュウとのんびりと過ごし心もからだもリフレッシュ!・・・そんな我が家のゴールデンウィークの報告でした。(^^)v
 
 
で、ちょっとさかのぼって・・・
連休前のことですが<家中のすまい>では地盤調査の結果をうけて地業工事が始まりました。

地業工事とは、基礎を支えるための、基礎底より下に設けた砕石や杭などの工事。
掘削後に、根切り底の地盤を固めるために砕石などを敷き、ランマーなどで突き固め、捨てコンクリートを打つまでの工程です。
R0011519
地盤調査の結果は建物取り壊しのため、やや乱れがあるものの、一部を除いて支持力度は50KN/㎡を満たしており地業は設計通りでと判断しました。
R0011528
古い盛土と法面の影響による一部支持力度が低い部分についての対策は、部分的に砕石置換工法としました。
具体的には、掘削深度を設計より深く掘削し、砕石転圧にて基礎床付(とこづけ)面とします。

 

 

-山形建築研究所-ウエブサイト

 

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン
http://hapi-ken.com