いつも悩む格子の隙間 古河市の住まい

佐藤大介|2018/04/28 posted.

IMG_3388
 


創右衛門一級建築士事務所の佐藤大介です。
 


GW初日、古河市の住まい house-F-R では、リビングの格子天井が完成しており、フルオープンの開口にまっすぐ繋がる杉の格子が太陽の光に照らされ素敵な空間を演出していました。格子の隙間は広すぎると間が抜けますし、狭いと“面”に見えてしまい格子が綺麗に現れません。格子の隙間は毎回毎回悩みのタネです。今回もこの空間には、3㎝角の杉材がどのくらいの隙間だと綺麗なのか悩み、何度も現場に並べて隙間を決めました。結果とてもイイ隙間に仕上がりました。今回の格子情報〔杉材上小節・3㎝×3㎝・隙間2.4㎝・自然塗料クリア仕上〕格子の隙間に迷ったら参考にしてみてください。


栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所

http://souemon.net


栃木・埼玉の建築家集団
ハピケン

http://hapi-ken.com