プレカットオペレーター

山形 誠|2018/04/26 posted.

山形建築研究所、山形です。今日は<家中のすまい>プレカットの打合せ。
打合せの場所は宇都宮製材業協同組合 宇都宮プレカットランバー、正式名称は長い名前ですが略称は<UPL>のプレカット工場。
あらわしとなる梁や柱の接合部分の納まりや、芯ずれ部分となるような、加工を間違えそうな部分を中心に、プレカット図と伏図をを照らし合わせて確認します。

R0011464

プレカットとは、コンピュータと連動した加工システムのことで、(pre)=あらかじめ(cut)=機械で刻む加工です。
木材の加工はコンピュータ制御による全自動機械加工機械で行いますが、データ入力はオペレーターの熟練した技術が重要。

写真の木材は<家中のすまい>のものではありませんが、チラッと写っているのがプレカットオペレータの高倉さんで、
必要な場所に必要な金物を付けるのはもちろんのこと、彼のおかげで構造的な視点からきれいに納まるように打合せが進みます。

R0011471

打合せの内容を反映したプレカット図を修正し確認が終われば木材の加工へ進みます。

 

-山形建築研究所-ウエブサイト

 

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン
http://hapi-ken.com