工事請負契約

山形 誠|2018/04/15 posted.

山形建築研究所、山形です。

ブログを御愛読の皆様も栃木市で計画中だった<家中のすまい>は、いったいどうなったかと思われていたかもしれませんが
ようやく工事着工への着地点が見え、昨日はめでたく工事請負契約締結の運びとなりました。(^^)
業界的には複雑な経済状況の中、高値で出るだろうと予測はしていたものの、その予想通り、設計当初に私が弾いた予算を越える見積金額でした。
その落とし所を、どのようにするのか?=そのなにを諦めて減額するのか、なにを大切にして残すのかをすまい手と話し合いを進めてきました。
結果、住まい手のこだわりの部分とこだわらない部分の明確さもあってなのでしょう。
栃木市の木造住宅耐震改修の補助金交付の決定という後押し、さらに融資増額という英断をしていただき
見積後の大きな減額変更という苦汁を味わわずに済む計画となりました。
R0011406
話題とは直接関係ありませんが、撮って出しの写真は、枝垂れ桜 GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング。

今回施工をお願いするのは(もう、このブログではお馴染みの)君島建築さん。
支払条件の話し合い、契約約款の説明、そして住宅新築工事において加入が義務付けとなった住宅瑕疵担保責任保険の説明、と打合せの後、工事契約締結。
おめでとうございます!だったのでした。(^^)v

 

-山形建築研究所-ウエブサイト

 

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン
http://hapi-ken.com