新しい空間のボリューム

佐藤大介|2018/02/28 posted.

IMG_3088
創右衛門一級建築士事務所の佐藤大介です。



古河市のリノベーション住宅house-F-R では、天井の下地が施工され新しい空間のボリュームが見えてまいりました。平な天井だった今までの天井裏には、趣ある立派な小屋組が隠れていたので、今回の改修工事では、その黒く変化した太くて曲がった和組の梁を見せる空間計画としました。内部の天井高さは、高いと開放感のある空間は得られますが、空調効率が下がりますし、ただ高いだけだと空間に間が抜けてしますうこともあります。そのような事を考慮し、高いところと低いところのメリハリや、何を見せたいかなど、ただ高くするのではなく、様々な要素のバランスを考えて空間を設計しております。


栃木県宇都宮市住宅設計事務所
創右衛門一級建築士事務所

http://souemon.net

 


栃木・埼玉の建築家集団
ハピケン

http://hapi-ken.com