5年前の自分からのエール。

村上 治彦・有紀|2017/12/01 posted.

村上建築設計室です。

なんと!はやいもので、今日から12月です!!

更なる慌ただしさに突入する勢いですが、1年を振り返りつつ、

「あ~いろいろあったけどよい1年だった!」と締めくくれるよう、

この1ヶ月、大切に過ごしたいな、と思います。

 

さてさて、Facebookをやっておられる方も多いと思いますが、

このFacebookのサービスで、数年前の投稿が自分だけに表示される機能があります。

5年の時を超えて、 こんな懐かしい写真があがってきます。

 

tegami

 

「しゅ→まのパパはのびたです

 それにままわおにでした」

 

という息子年長さんのときの手紙。ときどき鏡文字。

 

いま私を「おに」と言ったら、倍返しで物申すところですが(笑)、

5年前は「かわいい」とおもっていたワタシ。(おにじゃないじゃん!)

なつかしいの言葉に尽きます。そして、癒されるーー(^^)

 

「なつかしさの正体は、一種の自己愛」

 

とは、生物学者の福岡伸一さんのことば。

家の中でつくられる風景とその記憶って、こういうこと。

 

ちょっと「おせっかいすぎだ」と思うときもあるこのFacebookの機能。

今の自分を励ましてくれることもありますね。

5年前の息子と自分に感謝だわ。ありがとう!

 

追伸。

パパ(夫)が「のびた」なのは、メガネなのか、物腰なのか、昼寝が得意だったのか。

あるいは、怒りんぼママとの対比なのか。そのあたりはそっとスルー。

 

子どもの育ちを見守る家 村上建築設計室

http://www.murakami-design.com/

 

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン

http://hapi-ken.com/