暮らしと住まい

村上 治彦・有紀|2017/08/02 posted.

こんにちは、村上建築設計室です。

先日、建築家・宮脇檀さんのドローイング展に行ってきました。

 

IMG_6043mini

IMG_5996mini

IMG_5980mini

 

私がちょうど建築の勉強を始めたころに亡くなってしまったのですが、

その著書や設計テキストは、初学者の教科書として、

それこそマーカーだらけ、付せんだらけにして読み、設計課題で真似しました。

 

また、モノクロのプロフィール写真をみるとカッコいい。

しかも、主婦向けからプロ向けに書かれた文章は、

ユーモアがあってちょっと辛口、小気味よくてファンになります。

 

「リビングルームって何だろう?」

という問いかけは、暮らしのあり方と住まいのあり方を

そして家族のあり方をきっかけにもなりました。

 

「子ども部屋で子どもは勉強しない!」とも。

今はやりの「リビング学習」「ダイニングで勉強」も、

およそ30年、40年前に、生活者と設計者の実感として

宮脇さんは提案していたのですよね。

 

ということで、迫力ある図面、スケッチに刺激を受け、

宮脇さんの手元にある著書も再度読み直しているのでした。

日々是精進。

暮らしがあるから住宅って面白い。

 

 

村上建築設計室 http://www.murakami-design.com/

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン http://hapi-ken.com