家族のモノにイラッときちゃう

村上 治彦・有紀|2017/07/03 posted.

こんにちは、村上建築設計室です。

この週末は「片づけ」に困っている皆さん(女性ばかり)と

お話する機会がありました。

 

「どんなことに困っているの?」

 

という質問に対して

 

「夫が上着を椅子やソファにかけて困る…」

 

「私がメインで使うキッチンは完璧なのに、

リビングに夫や子どものものがあふれて困る…」

 

というご意見。

 

図1

(こんなかんじ・・・?)

 

こういうお悩み、結構よく聞くんです。

だって、自分のものが置きっぱなしでもあまりイライラしないけど

(自己嫌悪にはなるかもしれませんが^^;)

人のものだとイラッとしちゃう。

 

片づけがうまくいくと、家族関係もうまくいく。

というのは、決してオーバーなことではありません。

 

暮らしは、誰か一人がまわしているわけではないのですよね。

家族みんなでまわしている。

だから、家のコトは、家族みんなでルールをつくったり、

協力して実践したりする必要がある。

学校や職場のルールとおなじです。

 

お母さん、奥様、あるいはお父さん、旦那様、

片づけに関してイラッとすることが多いならば、

家族会議をしてみるといいかもしれません。

ちょっと立ち止まって、みんなで暮らしを見つめてみる。

 

誰か(たとえばお母さん)が、ルールをつくるにしても、

きちんと共通理解ができるように、伝えなければわかりません。

そんな、暮らしの家族会議をしながら居心地のよい暮らしが実現できるといいな、

と思います。

 

もちろん、家づくりの打ち合わせはその家族会議にもってこいです。

家づくりというプロジェクトのなかで、設計者など第三者が混じって

暮らしを整えるよい機会になります。

 

今は、地域で活動されている「片づけのスペシャリスト」も結構いらっしゃって、

ブログなどでも役立つ情報を発信されていたり、

アドバイザー業務をしていたりします。

お困りでしたら、そんなプロに手助けしてもらうのもおススメです♪

 

村上建築設計室 http://www.murakami-design.com/

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン http://hapi-ken.com/