砂利地業

山形 誠|2017/06/16 posted.

山形建築研究所、山形です。

6月と10月は衣替えの月、学校や企業では6月1日には一斉に衣替えとなるところが多いようですね。
我が家の愛犬<チュウ>もちょっと遅れて衣替え・・・床屋さんへ
20170612_02
これから暑くなりますので、短めにスッキリと・・・きっと本人(本犬)も気持ちがいいようです。

 
話を本題に戻して…

先週<四方祓い>をして丁張りをかけた<鶴田の家_2017>は今日から地業(じぎょう)工事が始まりました。掘削・床付け・砂利地業といった工事。
地盤を掘って(掘削)、掘ったところを平らにならして(床付け)、そして砂利を敷きならして転圧(砂利地業)
地耐力を確保するために砕石(細かく砕いた石)を敷き均してランマ―と呼ばれる転圧する機械を使って地盤を締め固める作業です。
R0010082
現場には油圧ショベル<バックホー>が再び登場! <バックホー>はヤンマーの商品名  GR DIGITAL Ⅳ
掘削工事などに使う重機を<ユンボ>と云いますが、名前の由来は、日本に輸入された、フランスのシカム社の油圧ショベルの名前。

掘削工事といえば『決められた深さまで掘ればいいんでしょ・・・』と
でも地盤面の確認、想定していた地盤との照合確認が重要。そして不用意に地盤面を荒らさないように掘削出来ているか?なんてことも重要なこと。
そんなふうにして工事は進んでいくのでした。

 
 

-山形建築研究所-ウエブサイト

 

栃木・埼玉の建築家集団 ハピケン
http://hapi-ken.com