晴天!なのでペンキ塗り。

村上 治彦・有紀|2015/09/24 posted.

シルバーウィークのお休みは爽やかなお天気に恵まれましたね!皆様はいかがお過ごしでしたか??

1の日担当ですが、お休み明けの本日更新になってしまいました、村上です。

さて、この休み中、家族で屋上の手摺の補修&ペンキ塗りに励みました。

 

IMG_3631

外部木部は、どうしても住みながらの手入れが必要になりますので、

だいたい1年半~2年に一度の間隔で塗り直しをしています。

 

 

今年で11年目になる我が家ですが、工事中、現場を見ていた時のこと。

近くの不動産屋さんが通りかかり、私のことを施主でも設計者でもない近所の人と思ったのか、、


「あ~、あの木の手摺とかね、最初は雰囲気があるんだけど、すぐにダメになるよ。

もって3年ってとこじゃないかなぁ…」


なんて、教えてくれたのでした。

 

「へぇ~、そうなんですか~」


って応えていましたけど、内心カチンと来ました(笑)

 

その後、年末の大そうじの時期や、春休みの時期をつかって、
ペンキ塗りに励んでいますが、10年経った今も、まだまだ大丈夫です。

 

それまでは、ペンキ塗りって結構大変そうだわ・・と思っていたのですが、
やってみると、思ったほどではなくて、子どもたちも巻き込んでの
ちょっとしたイベントにもなっています。
(子どもたちもいい戦力になっています)

 

001

 

最近は、なるべくメンテナンスが必要ない建材がでていますし、お施主さんも苦手意識が多いようです。

確かに、メンテナンスフリーであることは、住まいを長く使う上で有利な条件ともいえますが、

こんなふうに「定期的に観察して手を入れねばならない」という素材の方が、実は長く使えるのでは、、

と、思います。

 

ただ、「お施主さんが脚立程度で手が届いて、自分でメンテナンスできること」という条件も必要ですので、

その点は要注意です。

 

栃木、埼玉の建築家集団

ハピケンhttp://hapi-ken.com/