『1』のつく日は家のこと!

村上 治彦・有紀|2015/08/21 posted.

はじめまして!

本日より『1』のつく日担当になりました、村上建築設計室の村上有紀です。

夫婦で設計していますが、私(妻)が栃木出身のご縁でハピケンに参加させていただくことになりました。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、私達は「家のことを楽しもう!」というコンセプトで住まいを設計しています。

家の中では家族の悲喜こもごも、いろんなことがありますが、家事も大切な家のコトです。

ここ十年くらい、住宅業界では「家事ラク」というキーワードが流行っているように、

家づくりの際に、「家事」はとても重要なテーマになってきました。

キッチンのあり方だったり、家事動線、さらにはワークライフバランスについてまで、

家づくりでのお客様と家事についてのお話すると、それはそれは話がいろいろと広がっていきます。

 

71812_408641745895559_1243258701_n

その中で思うこと。

家事はだれもがやっているけれど、十人十色のやり方があるということです。

家族が違ってライフスタイルが違うのだから、家事の形も違うのが当たり前なのですが、

家事について友達と語ることは少なく、むしろ(ズボラっぷりは)隠しておきたい(笑)。

自分の家事と、他の家の家事との違いを知る機会って意外とないものです。

 

だから、住まいへの要望を聞く中で家事の話になると、本当に面白いです。

「へぇ~、そんな家族ルールがあるんですね~。」

と、私も仕事を忘れて(いや、忘れません)、話に花が咲いてしまいます。

なかには

「パパ(ご主人)に○○をやってほしいんだけど・・・」

「奥さん、片づけが超苦手で・・・」

という、普段は言えないコトバがポロリと出てきたり。

そんなふうに家事を考える時間も「家のことを楽しむ」時間です。

 

kisisan


 

住む人たちが自分たちの家事のカタチ、暮らしのカタチをわかっていて、

私達「設計する人」に共有してくれれば、最適な家事空間をご提案する自信はあります!ので、

家づくりをきっかけに、家族で家事をして、家事がたのしい時間となってくれればいいなぁと

思っています。

 

ということで、これからの『1』のつく日は、

「家のコト」についてちょっと考えるブログにしたいと思っていますので、

よろしければお付き合いくださいね!(^^)

栃木、埼玉の建築家集団、ハピケンhttp://hapi-ken.com/